コスログ杯公式ホームページへ

コスログ杯大会結果一覧はこちら

卓球レッスン会員募集!
カテゴリー
主な成績
プロフィール
小管清彦
【小管清彦】
(こすげきよひこ)

□所属:
西東京クラブ(日卓協・東京都)
調布卓連(東京都市町村)
富士見台クラブ(調布市)
千歳丘クラブ(渋谷区)
きゃふ卓クラブ(川崎市)
クラブ愛(新日本スポーツ連盟)
一番搾り
しぇいくはんど

□生年:
1976年

□出身クラブ:
つつじヶ丘スポーツ少年団
□出身校:
東海大学菅生高校
東海大学短期大学部
工学院大学(中退)
東海大学
環境学園(国際環境)専門学校

□出身地:
東京都

□卓球歴:
小学校四年生から

□卓球を始めたきっかけ:
友達のお母さんが卓球をしていた関係で誘われたから

----------------------------

小管千鶴
【小管千鶴】(旧姓:安納)
(こすげちづる)

□所属チーム:
梅島クラブ(東京都)
富士見台スターズ☆(調布市)
しぇいくはんど(新日本スポーツ連盟)
一番搾り

□出身校:
宇都宮商業高等学校

□生年月日:
1982年生

□卓球を始めたきっかけ:
地味だから(笑)

□戦型:
シェイク(バック表)

□プレーのPRポイント:
フォアドライブが得意!ダブルスではレシーブのフリックが奇跡を起こす…かも!

□好きな食べ物:
肉じゃが☆みかん

----------------------------

春太朗
【小管春太朗】
(こすげはるたろう)

□生年月日:
2014年8月19日(4歳)

□卓球を始めるきっかけ:
きっと両親の背中をみて(笑)

□戦型:
右シェイク(表裏)

□プレーのPRポイント:
バックハンドすると眼鏡に当たる。

□好きな食べ物:
ふりかけご飯
カレーライス
卵焼き

□好きなアニメ:
妖怪ウォッチ
ゲゲゲの鬼太郎

□好きなゲーム:
ワニワニパニック
スーパーマリオ
太鼓の達人

----------------------------

春花
【小管春花】
(こすげはな)

□生年月日:
2018年3月3日(1歳)

□卓球を始めるきっかけ:
きっと両親の背中をみて(笑)

□戦型:
右シェイク(裏裏)希望

□プレーのポイント:
平野美宇ちゃんのように 希望。

□好きな食べ物:
白いせんべい
食パン

□好きな遊び:
ボールころころ
リモコンいじり
何でもポイポイっ

□最近の様子:
楽しいとパチパチするよ!
おススメ卓球グッズ
美宇は、みう。 ―夢を育て自立を促す子育て日記
美宇は、みう。 ―夢を育て自立を促す子育て日記 (JUGEMレビュー »)
平野真理子
ちづるが絶対読みたい一冊です!
是非、参考にしたい(笑)
おススメ卓球グッズ
おススメ卓球グッズ
エポック社 卓球やろうぜ!  エキサイト  ピンポン 体感ゲーム
エポック社 卓球やろうぜ! エキサイト ピンポン 体感ゲーム (JUGEMレビュー »)

ちづる☆が好きな卓球ゲームです!
家族や友達と遊べて結構盛り上がります♪
入ることが大事、なのかも

【プチ宣伝】
5/26土曜日…高尾の森わくわくビレッジ開催コスログ杯。→申込締め切り日は過ぎましたが、Bクラスあと1ペアいらっしゃれば大変ありがたいです。

6/2土曜日…コスログ杯ラージボール大会。八王子市甲の原体育館で開催。↓
・99歳以下混合ダブルス→あと2ペア
・100歳以上混合ダブルス→あと2ペア
・男子50歳以上シングルス&70歳以上シングルス→あと3名
・女子49歳以下シングルス→あと2名
・女子50歳以上シングルス&70歳以上シングルス→あと4名
ラージ経験未経験問わず広くご参加募集中ですm(_ _)m。

########################################

代理レッスン中のある場面から思い浮かんだ、考えは様々なんだろうな、というお話。

フットワークの練習をしていた生徒さんが
Cを教えたら前に教わったBを忘れ、Bを思い出しても、もっと前に教わったAがうまくいかなくなる…。
慌てて素振りで頭で整理しながら確認するも…身体は大混乱、アワワアワワで肝心のボールもABCを正しく行うことを気にしてしまいコートに入れることもままならず…。
という、練習どころか落ち込んでしまう状況に。

仕方ないですよね。お気持ちすごくわかります。

基礎は大事です。最低限のことがうまくきっちり出来ないと、先の応用技術で壁に当たり上手くいかなくなります。

でも正しい技術でなくてもまずはコートに入ること、そしてラリーが続くことで、教える方は基本線とはずれて複雑なのですが、その方自身は自信がついてその後の影響は変わってくるかもわかりません。
でも、それは受け入れて上げたい気がします。

試合の勝ち負けがかかるシビアな場面でも同じようなことが言える気がして、
発展途上の小中学生やトッププロレベルなら話はまた別になるのですが、
私レベルの完成してしまった素人が最も大事なのは、
こういうラバーだから・こういう戦型だから・こういう場面だから…この位置で・この打ち方で・入れに行かず振り抜いて攻めなきゃいけない。。。ではなく、

確固たる自信や技術がなければ、まずは最低でも入れなきゃ仕方がない。それで良いと思ってます。

拘ったことにとらわれて、その後の流れを手が付けられないほど失うよりは、まずはどんな形でも入れておいて先に繋げて行く。

出来れば繋げる、入れていくという決心をしたならば、次に打たれるという準備を頭にだけでも入れておくと良いかも知れません。

卓球は人それぞれの個性を出すパフォーマンスだと私は思っているので、考え方や常識もこのような場面では様々だとは思います。

ただ、悩んでつまんなくなっちゃうよりは、勝手に常識を決めて「これでダメなら私は仕方がない」と言うのも頭がスッキリして良い結果を呼ぶかもわかりません。

何となく自分と重ねて考えにふけりながら帰宅していた私でした。

| 教えて!こすきよ先生 | 02:50 | comments(0) | - | - | ↑TOP
コメント
コメントする